スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃校

○今日、以前に、ひょんなことで知り合いになった女性に再会しました。この方は、小田小学校に通う児童のお母さん。
お母さん 「その節は、ありがとうございました。」(小田小の閉校式に出席したことに対する御礼)
小生   「あっ!どうも、こちらこそお世話様でした。その後、子供さん、どうですか?」
お母さん 「なんか、楽しそうに通っていまして、安心してます。」
小生   「そうですか、良かったですね。同級生が多い分楽しいのかな・・・。」
お母さん 「そうかもしれません・・・ね。良かったです。」
 小田小学校は、3月末をもって閉校され、4月1日から角田小学校に統合されました。当時、このお母さん、閉校の寂しさや子供への影響など(角田小学校にうまく馴染んでくれるか?)で、かなり悩んでおられたようでしたが・・・今日、久しぶりにお会いしての、お話しぶりでは・・・子供たちが、新天地(角田小学校)に馴染んで、楽しく通学していることで安堵とされているようすでした。良かった!
 角田市では、一昨年、西根中学校を廃校し北角田中学校に統合、今年、4月には、小田小学校を廃校し角田小学校に統合してきました。その際、廃校される地区の皆さんには様々なご意見をいただき、議論を重ね、そして、ご理解をいただき、今日に至っております。現時点で、統合の結果を論じるのは早計かもしれませんが、いずれの場合も『子供たちは元気に学校生活をおくっている』・・・そのようなお話を耳にすることが多いようです。
 学校の廃校は地域つくりにとって大きなマイナスであることは事実です。廃校後の地域の活力をどのように見出していくかは、少子高齢化にあっては、難問中の難問でありますが、全市的な課題として捉え取り組んでいかなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。