スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水稲無農薬栽培

最近、角田市でも水稲の無農薬栽培に取り組む農家が増えているようだ。肥料は、あくまで有機質のものを、除草剤などの農薬は一切使わない栽培法で、私の某先輩も取り組んでいる。私自身も来年度には挑戦したいと思っているが課題は幾つかある。
 化学肥料を使わないため、有機肥料の確保が必要である。畜産の堆肥を使用するか、米ぬかと雑草を利用し堆肥を作るか、或いは緑肥という手もある。いずれにしても、工夫すれば、比較的容易に確保できるが成分管理など手間はかかるようだ。病気・害虫対策などでは肥培管理でも高い技術が必要だろう。一番の問題は、除草剤を使わないため雑草対策をどうするかだ。皆さん、これで苦労されているようだ。合鴨を使う方法もあるようだが、どうだろうか?少しの面積であれば手作業での除草も可能だが、ヘクタール以上の面積では限界がある。
 今日は、その除草対策に有効ではないかと思える除草機に遭遇した。これは、議会の議長の伝でリースしたものらしいが、畝間は勿論、株間までも除草する仕掛けになっているようで、値段は、120万円程とか・・・実演の結果をみると悪条件の圃場であったが、かなりきれいに除草されており、なかなかの優れものとみた・・・。
 今、少々高値でも、一切農薬を使わない米を求める消費者が増えていると聞くが、前述の通り生産には限界がある。このことは、我々米農家の大きな課題といってもいいかもしれない。除草対策が確立すれば増産も夢ではない。このマシンの進化に期待したい!

①除草機(6条用)・・・かなり優れもの・・・水稲は通常栽培、かなり荒れ気味
画像 437 画像 432
  《実演・動画》
[広告] VPS


②某先輩の圃場・・・無農薬、米ぬかと雑草の堆肥使用(7月1日撮影)
画像 403 画像 404
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。