スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみ処理等対策調査特別委員会(委員長・高橋力雄議員)

●今日は、午前10時より、ごみ処理等対策調査特別委員会(委員長・高橋力雄議員)があり出席しております。
 これまでも、このブログで紹介してきましたが、仙南地域広域行政事務組合の事業であります、平成28年度供用開始予定の(仮称)仙南クリーンセンター(仙南2市7町のごみ焼却施設)の建設場所が角田市内となっておりますことから、市内のどこに建設するかの場所選定について角田市に一任されており、市当局及び議会で議論を重ねてきたところであります。
 今日の委員会の議題もそれに関連した件で、去る7月16日に当局から提案されておりましたA案の修正案について、現地確認及び各議員の評価について議論することであります。
※A案とは、西根の毛萱丸森地区に建設するという案
 会議の結果、各会派から次のような意見が出されております
○クラブ民心・・・基本的にA案について反対であり、改善案についても反対である。
○政友会・・・これまでの経過、住民の理解、仙南全域における地理的優位性、周辺開発の将来性等をもって、元々A案について賛成であり、当然、A案を生かす改善案についても賛成である。
○市民クラブ・・・基本的にA案について反対であり、今までの市長発言では、A案に議会否決であれば新たに候補地を求めるという考えのようなので、その方向に進んでいただきたい。
○共産党議員団・・・もともとA案の建設場所では、搬入道路建設に経費がかかりすぎる、改善案でも結果は同様であり、賛成できない。新たな場所を求めて欲しい。
○無会派・・・この改善案では、自然災害や環境問題に不安あり、建設費の削減効果が薄い、筆界未定地の存在で買収での心配もあり、などで反対。
ということでありました。
 最後に、A案の改善案について賛否をとりましたところ、反対12・賛成4・欠席2・・・否決でありました。

 これまで、当局は、『場所選定については、議会の意見を尊重する。』としてきたものですが、今日の委員会で、(政友会を除き)各会派から『A案については、基本的に反対であり、新たな場所を求めるべき。』とする意見が出されたことで、実質的に、この問題は、振り出しに戻ったということでしょう・・・新たな場所選定にむけて、再出発・・・。
 
《毛萱地区、建設候補地(A地点)への搬入道路計画地の現地確認》
①毛萱トンネル付近
 008_20100807211846.jpg
②A地点周辺
010_20100807211845.jpg 011_20100807211845.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。