スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地改良区費負担

○某農家のお話
《農地問題》認定農家に水田を貸し付けているが、小作料反当り12,000円受領し隈東土地改良区への支払い12,700円で差し引き700円の手出しとなっている。さらに固定資産税などの負担考えると農地を所有すること大きなマイナスとなる事態になってきた。
 ※角田全体で見れば、この方は、まだ痛手が少ない方かも知れない・・。昨今の米価下落は、認定農家だけでなく、当然に農地所有者へも大きな負担を強いている。特に土地改良区費が大きいようだ!・・・隈東土地改良区の不良債権20,000千万円ほどあるとか伺っているが、前述のような農家が増えているなか前途は厳しいはず。土地改良区の経営改善が急がれるところである・・・ちなみに亘理の土地改良区費は、反当り6,000円ほどであるとか・・・角田市は、土地条件もあろうが角田土地改良区も含め異常に高額になっているようだ。・・・現在、隈東・角田の両土地改良区の合併論議が進められているとのこと、関係者の皆さん努力いただきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。