スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H-2Aロケット打ち上げ成功!

○H2Aロケット15号機、23日午後0時54分、鹿児島県の種子島宇宙センターで打ち上げ成功!


○誘致企業の風力発電計画について、某市民の声・・・この計画についての地元説明会をいただいたが、まだまだ、そのリスク等について説明不足を感じるところであり、確りとしたデータ等を示しながら安全・安心に確信のもてる説明責任をお願いしたい旨のご意見があった。・・・ありふれた弁になるが、事業者と地元民との信頼関係を大事に進めていただきたいもの。
《河北新報記事より》
東北大・スプライト観測衛星打ち上げ 「いぶき」も

 大気中の温室効果ガス濃度を宇宙から観測する人工衛星「いぶき」や、東北大が開発したスプライト観測衛星を搭載したH2Aロケット15号機が23日午後1時前、鹿児島県の宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センターから打ち上げられた。
 ロケットは打ち上げ16分後にいぶきの分離に成功した。小型衛星も順に分離され、同日中にも軌道投入が確認される見通し。
 いぶきは温室効果ガス濃度を観測する世界初の衛星。高度666キロの軌道上から地球上の5万6000カ所の二酸化炭素(CO2)、メタンに関するデータを3日ごとに取得する。宇宙から地球温暖化対策の一翼を担う。
 スプライト観測衛星は東北大大学院の理学研究科と工学研究科が共同開発。高性能カメラを搭載し、雷雲の上空に現れる放電発光現象スプライトを宇宙から観測する。昨年12月、東北大から種子島に運び、H2Aに取り付けた。
 大阪府東大阪市の中小工場がつくる東大阪宇宙開発協同組合の「まいど1号」など5つの小型衛星とともに公募で選ばれ、宇宙機構の技術実証衛星と一緒に飛び立った。
 仙台市青葉区の市天文台と角田市の宇宙機構角田宇宙センターはそれぞれ、打ち上げの中継映像を見るパブリックビューイングを行い、関係者が打ち上げを見守った。
 いぶきは開発から打ち上げまでの予算が計約346億円で運用は5年間の予定。打ち上げは三菱重工業が担当した。
2009年01月23日金曜日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。