スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月定例会での一般質問

●昨年12月定例会での一般質問の議事録を掲載いたしました。口頭のものを文書化したものであり、まだ整理が不十分なこともあり、多少読みにくい面があるかとおもいますが・・・全文は、こちらへアクセスください。

《議会だより掲載記事》
(一般質問のページ)
【質問者 五番 渡邊 誠 議員】
マニュフェスト(公約)について
議員▼先の市長選での『4年間で20億円の財政効果を目指します』との公約について、初めに職員数削減(7億円)計画について伺います。
市長▼職員数につきましては、平成20年4月1日現在の一般職員数は310人でありますが、平成21年から平成24年までの職員の純減数は25人となり、この間の人件費の削減効果が、およそ8億円程度になると見込んでいるところであります。
議員▼希望退職などは計画に入ってないのですか。
市長▼退職者数は、定年退職を基本としており、新規採用数で全体職員数を調整する考え方です。
議員▼事業の整理と財政支出の無駄の排除(4億円)の検討対象事業について伺います。
市長▼対象となる事業につきまして現段階で明確にはできませんが、4年間で4億円の財政支出の節約を行うには、事業の見直しを行い、(更に)毎年、前年対比で4千万円の経費の見直しが必要となり、使い切り予算の廃止や予算編成過程の中での事業の整理・見直しや、物件費等の節約に努めたいと考えているところであります。
議員▼企業会計への補助金見直しその他(4億円)の検討対象の企業について伺います。
市長▼見直し対象の企業会計は、水道事業会計であり、水道事業会計に対する補助金のうち、「高料金対策補助金」の見直しを行うものであります。
平成18年度の高料金対策補助金の決算額は1億7百万円でありましたので、4年間凍結をいたしますと約4億円の額になるものであります。
議員▼水道料金の値上げとはならないのですか、確認いたします。
市長▼これをもっての水道料金の値上げとはなりません。
議員▼平成21年度予算にどの程度反映される計画か伺います。
市長▼「4年間20億円の財政効果」の計画については、職員に対し説明をいたしており、平成21年度当初予算においては、現時点で明確にはお示しすることはできませんが、一般財源ベースでおよそ2億7千万円程度になるものと見込んでいるところであります。
○西小坂、北江尻地盤沈下対策について
○職員互助会義務貯金貸付会計における不明金発生問題について

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。