スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月農業委員会総会

○13時30分より12月農業委員会総会あり出席した。
(1)小作契約申請50件ほどなどあったが、案件全て採決された。小作料反30キロが主流となってきているようでゼロというのも5件ほどあり、・・・益々下落傾向・・・これでは、農地所有していても所得どころかマイナスとなるのでは・・・?深刻な事態である。
(2)市長との懇談会について1月25日15時より行うこととなった。
議題・・・市長に問いたいこと
①担い手支援について・・・土地改良区費負担(反7,000~21,000円で15,000円が主流)が重荷になっていることから、幾らかの支援策でないか?・・・土地改良区については現在角田と隈東の合併協議会が設立されている。
②農業振興公社のあり方について・・・一部の会員のみの利用となっており角田全体の農業振興に結びついていない。角田ブランド~などの話題があったが手法が非現実的で理解できない。
③耕作放棄地対策について角田市としての対策あるのか?・・・米価下落となればますます増えてくるものと思われる。
④地区振興協議会の活動が立ち遅れていることから、前地区農業振興協議会に代わる組織の設立が遅れており転作対策が不十分な状態にある、 市長の考えを伺いたい。
⑤その他・・・堆肥センターの今後の稼動の見通しについて。
などをテーマとすることと決した。

農政に対し多くの不満を感じている様子。・・・非常に残念である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。