スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会

○昨日で、12月定例会最終日ということで作夜は山水会(各団体の長)・大坊会(職員)・議員団らで忘年会をかねて打ち上げを行いました。・・・一切終わったことで気が緩んだのでしょう、不覚にもやや####・・・反省

DSC_0091[1]_edited1


※去る13日と17日に議案採決に当たり、7議案について各派を代表して賛成討論をしております。その要旨はつぎの通りであります。
≪13日分≫
政心会 渡邊誠でございます。
●私は、ただ今議題になっております、議案第77号角田市都市公園条例の一部改正について、市民クラブ・臥牛クラブ・北桜クラブ・無会派議員及び政心会を代表して賛成の立場で討論を行います。
これは有料公園施設の利用料金に関る基本的枠組みを追加するものであります。このことによって施設の利用料金収入を指定管理者自らの収入とさせ、指定管理者の自立的経営努力が発揮しやすくし、さらに、指定管理者や本市の会計事務作業の効率化を目指す改正と受け止めており賛成するものでございます。
各位のおかれましては、ご賛同賜わりますようお願いいたし賛成の討論といたします。

●私は、ただ今の議題、議案第79号平成19年度角田市一般会計補正予算について、市民クラブ・臥牛クラブ・北桜クラブ・無会派議員及び政心会を代表して賛成の立場で討論を行います。
今回の補正は歳入歳出それぞれ544,885千円を追加し予算の総額を歳入歳出それぞれ115億2516万1千円とするものでございます。
歳入では、一般寄付金270,000千円が計上されております。これは、アイリスオーヤマ株式会社の創立50周年を記念してのものとのご説明でございました。企業の地域住民との融和、共存、共栄を願う現われかと受け止め評価するものでございます。
歳出での主なものについては、
・西小坂工業用地周辺地域振興奨励金162,955千円であります。これは、永年、北江尻・西小坂地区の皆さんが地盤沈下に苦しんでこられたところでございますが、その解決のための振興奨励金との説明でございました。現段階における最良の措置と受け止めております。この問題について、これまでの、当局の真摯な取り組みに敬意を表しますとともに、今後とも全面解決へ向けご尽力いただきますことを、さらにお願いするものでございます。
・障害者自立支援給付事業28,150千円については、通所サービス送迎給付の補助事業などに関するもので、障害者自立支援がさらに強化されるものと受け止めております。
・また、心身障害者医療費助成金・老人保護措置費・乳幼児医療費助成金・児童手当・児童扶養手当・生活保護費などは、それぞれの制度の利用者・受給者の増減に伴う予算措置であり妥当なものと受け止めております。
・職員人件費18,332千円については、給与改定に伴う影響もある一方で、時間外勤務手当ての多さが目に付いたところでありますが、現行制度では妥当な予算措置と受け止めております。
・債務負担行為補正については、指定管理者に関するもの、学校給食業務委託料と小中学校管理業務委託料など19件であり、いずれも妥当な補正と受け止めております。
・地方債補正額900千円については、臨時財政対策債とのことで、後年度に基準財政需要額に参入されるものと受け止めております。
以上のことから本議案につきましても賛成するものでございます。
各位のおかれましては、ご賛同賜わりますようお願いいたし賛成の討論といたします。

●議案第85号から議案第88号までについて、市民クラブ・臥牛クラブ・北桜クラブ・無会派議員及び政心会を代表して賛成の立場で討論を行います。
これらはいずれも公の施設の指定管理者の指定に関するものでございますが・・・
・議案第85号では、角田市老人福祉センター他6施設について、平成20年4月1日から平成24年3月31日までの4ヶ年の指定管理者に財団法人角田市地域振興公社を指定しようとするものであります。
・議案第86号では、角田市松ヶ枝寮を平成20年4月1日から平成24年3月31日までの4ヶ年、角田市精神障害者通所授産施設『のぎく』を平成20年4月1日から平成23年3月31日までの3ヶ年、それぞれ指定管理者に社会福祉法人角田市社会福祉協議会を指定しようとするものであります。
・議案第87号では、角田駅コミュニティプラザ他1施設を平成20年4月1日から平成24年3月31日までの4ヶ年の指定管理者に角田市観光物産協会を指定しようとするものであります。
・議案第88号では、角田市屋内温水プールを平成20年4月1日から平成24年3月31日までの4ヶ年の指定管理者に民間企業のマルチプライ株式会社を、指定しようとするものであります。
以上4議案につきましては、現状では最適な指定管理者として受け止めており賛成するものでございます。

本市では、初めて公募によって、民間企業が指定管理者に選定されたわけでありますが、意義ある選択と評価しております。充分に調査・検討されたことが伺え、本市の定める要件に沿ったうえで、いかに民間活力を発揮いただけるか、期待しているところでもあります。
また、今回の指定管理者選定において
2施設を除き、大半の施設を非公募にしたことについて、地元雇用の確保、公社職員の扱い、これまでの実績などを考慮し、更にマルチプライ株式会社採用によるインセンティブ効果を期待してなどと承っております。いずれも充分理解できる理由と受け止めておりますが、一方では、『低コストで最良の公共サービスを望む!』というのが市民の本意ではではないかとも考えているところでございます。そのようなことから、財団法人角田市地域振興公社など3団体には、今後とも指定管理者として当然の評価をいただけるよう、当局のご指導をお願いするものであります。
以上、各位のおかれましては、ご賛同賜わりますようお願いいたし賛成の討論といたします。

≪17日分≫
●私は、ただ今議題になっております、議案第78号角田市下水道条例及び角田市農業集落排水事業条例の一部改正について、市民クラブ・臥牛クラブ・北桜クラブ・無会派議員及び政心会を代表して賛成の立場で討論を行います。この改正は下水道使用料及び角田市農業集落排水処理施設使用料の料金改定で、いわゆる値上げを行おうとするものであります。
●この下水道料改定案については、去る11月21日の全員協議会で事前に説明を受けているものでございます。
要点は
①改定率8.63%UPであること。
②改定後の単価は、宮城県平均の以下にあること。
③事業維持管理費と市債償還費に対する使用料充当率が平成18年度で43.3%と周辺市町村55%ほどに比較し低いことから、平成20~23年の期間に50%を目標とするものであること。
④そのことによって、財政の健全化を目指すものであること・・・などでございました。
加えて、本議会での説明もあり、原案の通り、改正すべきものと受け止めているところでございます。
また、この議案は、産業建設常任委員会に付託されたものであります。ただ今、産業建設常任委員長より、審議の内容と結果について詳細にご報告をいただきました。充分に審議が尽くされたものと受け止めたところでございます。また、最終的に『全会一致で原案のとおり可決すべきもの』と決したとのことでございました。そのことを尊重するものであります。
当局には、今後とも、市民の理解をいただける両事業の健全運営に努力されることを要望し賛成するものであります。各位におかれましてもご賛同たまわりますことをお願いし賛成討論といたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。