スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶回り!

○今日も挨拶回りだった。現在、角田市長選挙への立候補予定者は、後援会活動を行っているところであるが、今日の河北新報に掲載された記事(職員互助会の欠損金問題)がどのように影響してくるのか、いささか心配であった。今日の訪問先ではさほどの話題にもならなかったが、訪問先の問題なのだろうか?明日以降の推移をみないと判断できない部分もある・・・まだまだ回ってみなければならない。
 それより、今回の市長選挙は、どうも盛り上がらない・・・むしろ、このことが心配である。

《記事の全文》
○担当者が2900万円着服か 角田市職員互助会 
宮城県角田市の職員互助会(会員309人)で、職員が積み立てた貯金のうち2900万円が使途不明になっていることが1日、分かった。市は10年以上前の担当職員が着服した可能性があるとみているが、職員は否定しているという。貯金は現在も残高不足の状態となっている。

 使途不明金が判明したのは、全職員が10万円ずつ出資し、退職時に利息を加えて払い戻す「義務貯金」制度。1960年に設けられ、職員への低利融資事業もしている。

 市総務課によると、90―96年度分の関係書類を調べた結果、職員への貸し付けを記録した「個人台帳」では返済済みなのに、出納簿には記載がなく通帳への入金もないなど、不明朗な金の出入りが約180件あった。本来は6500万円の残高も、3600万円に減っていた。

 市は今年3月から、この期間に1人で互助会を担当していた職員から十数回にわたり事情を聴いたが、「不正な行為はしていない。10年以上も前のことでよく覚えていない」と着服を否定。職員は調査開始後に休暇願を出し、現在は出勤していないという。

 市は、業務上横領の疑いがあるとみて角田署に相談したが、既に公訴時効を過ぎており、刑事告発や被害届の提出はできなかった。現時点で使途不明金の原因は断定できず、欠損金の回収は難しい状況だ。

 互助会会長を務める太田文夫総務課長は「公金でないが故に、管理に甘さがあった。今後も調査を続け、全容解明に努めたい」と話している。

○10年以上も問題放置 角田市職員互助会使途不明金 
宮城県角田市職員互助会で1日発覚した巨額の使途不明金問題で、市役所内に動揺が広がっている。内部による不正行為の可能性が高いが、市の調査では実行者を断定できないまま。公訴時効を過ぎており、全容解明を司法の手に委ねることもできない。穴があいた2900万円をどう補てんするのかも、見通しが立っていない。

 使途不明金が発生したのは、1990年から96年にかけて。担当者レベルでは、「多額の使途不明金が出ているのではないか」との疑念が2000年ごろから出ていたが、全容解明は先送りされ続けた。市が本格的な調査に乗り出したのは、昨年12月以降だった。

 10年以上も問題が放置されたことについて、互助会長の太田文夫総務課長は「当初は職員による不正ではなく、帳簿の誤記載であるという見方が強く、膨大な資料を調べるのに時間がかかった」と説明する。

 監査は互助会員の監事によって毎年行ってきたが、通帳の残高と出納簿を照合させるだけで、職員に対する貸し付けと返済が実際にどう行われているのかは、担当職員に任せきりになっていたという。組織としてチェック機能が働いていなかったことが、問題を引き起こしたと言えそうだ。

 損害の回収ができなければ、貯金を積み立てた職員にツケが回る。ある課長級職員は「欠損金が回収できないなら歴代の監督者が責任を持って穴埋めすべきだ」と憤る。

 内部による不正行為だとすれば、日ごろ公金を取り扱う市役所全体への信用を失墜させる事態。足元で行われてきたずさんな資金管理のあり方に、市民からも厳しい目が向けられそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。