スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙南地域広域行政事務組合議会

●昨日、27日10時より仙南地域広域行政事務組合議会定例会が行われ出席する。
1、行政報告
 ・平成17年度から「資源プラスチック類の資源化」について蔵王町に事業所を持つ専門業者に委託しているが、その業者の都合で昨年末をもって事業所を閉鎖することとなり、同業者所有の山元営業所で資源化処理をしたい旨の申し出があった。現在、当該業者によって地元民との事前調整を進めているところである。受け入れ態勢が整うまで従来どおり収集し、厳重保管することとする。
 ・「AZ9ジュニア・アクターズ第15回公演」での観客数について、2月2日と3日『ございんホール』で延べ450人、『えずこホール』2月16日と17日で延べ750人で、いずれも好評を博した。 
2、施政方針・・・財政事情厳しい中ではあるがと前置きしたうえで、各分野ごとの重点事項など示された。
3、次の議案が審議され原案とおり全会一致で可決された。
①教育委員会委員の任命について・・・再任
②職員の育児休業等に関する条例の一部改正・・・地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴う改正
③職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正・・・②議案に関連
④職員の給与に関する条例の一部改正・・・②議案に関連
⑤職員の自己啓発等休業に関する条例制定・・・大学等の課程の履修、国際貢献活動
⑥火災予防条例の一部改正
⑦本組合の平成20年度一般会計予算・・・歳入歳出 4,506,499千円
⑧本組合の平成20年度芸術文化センター特別会計予算・・・歳入歳出 132,692千円
4、質疑
①新ごみ処理施設建設の計画について、現在、理事会でどのような話し合いがなされているかの質疑に対し 前回の理事懇談会では、経費節減の方向で建設費を試算することとなった。場所については、土地所有者との過去の話し合いもあることから早々に決定いただきたいと思っているが・・・本年度内の具体的事項についての決定は難しい。早い時期に理事会の合意をえるよう努力していきたい・・・旨の答弁だった。

角田と大河原のごみ処理施設(衛生センター)が老朽化してきたことから、7~8年ほど前に新ごみ処理施設建設を角田市内に建設することで広域理事会(2市7町の首長で組織する会)で合意している。本市の佐藤市長も当時のメンバーの一人。佐藤市長は、(自ら関わった経緯もあることからと思うが)引退(8月9日任期)前に建設場所など計画の基本的事項について理事会の合意を得たいよう・・・しかし、他の首長さん方は、深刻な財政事情からと思うが過去の経緯にとらわれず安価な建設計画へ誘導したいよう・・・。この方針が示されてから年数が経っている。ごみ処理施設建設については、ダイオキシン抑制技術が進歩しているとはいえ、市民の理解を得ることは容易ではないだろう。場所を決定するなどの重要な場面では市民との対話集会するなど・・・理解いただくようきめ細かに進めるべきだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 誠

Author:渡辺 誠
○角田市議会議員

FC2カウンター
リンク
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。